HOME  >  オケ/室内楽   >   ハチャトゥリャン指揮《スパルタクス》のCDを聴くならこのスコアを買え!(その1)

ハチャトゥリャン指揮《スパルタクス》のCDを聴くならこのスコアを買え!(その1)

全音では、この11月新刊としてファン・マニアさんには待ちに待ったというべきポケット・スコア、アラム・ハチャトゥリャンのバレエ音楽《スパルタクス》の組曲「第1番」「第2番」「第3番」の3冊を、一挙に発売します!

詳細はリンク先(全音HP)を見よ。

 

ところで今もってハチャトゥリャンのバレエ音楽「ガイーヌ」「スパルタクス」のCDの定番として外せないのが、ハチャトゥリャン自身が指揮した2種類の録音盤ですよね。

ここでは、《スパルタクス》のポケット・スコアは出版されたけれど、ハチャ自作自演を聴いている私は、どのスコアを買えばいい? という、絶対問い合わせ殺到しそうな質問に先駆けて、それをここで紹介してしまおう! というお得なガイドをしますです。

 

まずは、1962年3月にウィーン・フィルを振ってイギリス・デッカ(DECCA)に録音された4曲についての情報です。

*最新の国内盤は2009年11月11日【なんと明日やん】、(日)ユニバーサル・ミュージックから発売されるUCCD4424です(税込¥1,600)。(全音ではCDのお取り扱いはしていません。あしからず

 

1. Adagio of Spartacus and Phrygia (スパルタクスとフリギアのアダージョ)

 → 第2組曲(第1曲)

 

2. Variation of Aegina and Bacchanalia (エギーナのヴァリアシオンとバッカナール)

 → 第1組曲(第3曲)

 

3. Scene and Dance with Crotala (情景とクロタルを持った踊り)

 → 第1組曲(第4曲)

 

4. Dance of Gaditanae and Victory of Spartacus (ガディスの娘たちの踊りとスパルタクスの勝利)

 → 第1組曲(第5曲)

 

以上。

つまり、とりあえずは「第1組曲」と「第2組曲」を買えばいい。ついでに「第3組曲」も買って3冊揃えたらイイです。(笑)

 

ロンドン交響楽団と録音したEMI盤については、次回(その2)で。

 ハチャトゥリャン指揮《スパルタクス》のCDを聴くならこのスコアを買え!(その2)

カレンダー

<   2009年11月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30